NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2016.04.22
ビジネスメルマガ 4/20号

「渡切交際費」とはどのようなものか?

:ビジネス【税務・会計】


「渡切交際費」とは、法人の業務のために役員や社員に対して、交際費等を目的として金銭を支出したにもかかわらず、その使途や金額について精算されないものを指します。

たとえば、接待が終わって顧客にタクシー代を渡す際、その領収書を回収しないことなどがあります。

こうした場合に備えて、あらかじめ社員らに渡す金銭になり、つど精算しなくてよいという点などがメリットとして考えられてきました。

詳細はこちら

広告会社最先端現場の「チーム運営術」からマーケティングプロセスを学ぶ。その3

:ビジネス【マーケティング】


前々回から、僕が広告会社で苦労して培ったチーム運営術を通じて、マーケティングのプロセスを学び取っていただくという記事をお届けしています。

今回は、「曲者部下」とどう向き合うかについてです。

marketB01 詳細はこちら

雇用のダイバーシティって何?

:ビジネス【人的資源】


「金太郎飴」をご存知でしょうか。さらし飴を長く長く延ばして、2センチくらいに切ったもので、どこまで切っても金太郎の顔が出てくるのが特徴です。

日本の会社の社員は、若いときから優秀な社員になるよう社内で教育訓練され、たとえKYでもきちんと働けるようになるのが経営者の理想でした。

つまり、「金太郎飴集団」です。

指示されたとおりに働ける代わり、「個性がなく、新しいことに挑戦できないのではないか」「決められたことを効率よく達成するには優れていても、社会の変化やテクノロジーの発展についていくのが遅いのではないか」などと懸念されています。

zintekiB02 詳細はこちら

男性が育児休業を取得した場合に支給される助成金

:ビジネス【助成金】


平成26年度の男性の育児休業取得率は「2.3%」でした。 10年前の平成16年では「0.56%」と、微々たるものですが増加傾向にあります。

男性の場合、育児休業といっても短期間だけという場合もあり、実情としては欧州諸国と比べると依然として低い数値になっています。

核家族化が進むことで女性のみの育児が困難になり、女性活躍推進法により女性が活躍する場が増えると、ますます男性の育児休業の取得が求められるようになるでしょう。

「男性が育児休業なんて!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれは必須となるかもしれません。

そこで今回は、男性が育児休業を取得した場合に支給される助成金のご紹介をします。

rodohoB02 詳細はこちら

近年増加する社員の精神疾患。「休職」のルールは整っていますか?

:ビジネス【労働法】


「A君はどうしたの? また休んでいるの?」

「はい、うつ病が重たいようです。今日は休むという連絡が入りました」

近年、精神疾患を理由として休職する社員が増えています。そのような社員に対して、会社としてどういう対応ができるでしょうか。

会社のルールである就業規則の規程がどうなっているかが重要となってきます。

rodohoB02 詳細はこちら