NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2016.06.15
ビジネスメルマガ 6/15号

今あらためて決めておこう!「経費に対するブレない考え方」

:ビジネス【税務・会計】


最近では、スマホで領収書を撮影してアップロードすれば経費データに登録されるといった便利なサービスもあります。

ただし、「どの支出がどの経費、どの科目にあたるのか」、あるいは「この領収書は経費として計上できるのか」といった判断は相変わらずアナログで、当事者自身が下すものです。

今回は、たとえ税務調査に踏み込まれた場合でもきちんと対応できる「経費に対するブレない考え方」について、ポイントを解説します。

詳細はこちら

コピーライターの技を、日々のビジネスに活かす。「1行の力」について。その1

:ビジネス【マーケティング】


皆さんは必ずしも、キャッチフレーズを書く立場にはいないと思います。

それでも、企画書を書くにしても、部下に指示を出すにしても、会議で実りある成果を出すためにも、「1行の力」や「一言で言う力」は非常に重要で、身につけば大変に便利です。

コピーライターの多くは、最初のころにはひとつの仕事で100本ものコピーを考え、上司にダメ出しをされ、次第次第にその技を磨いていきます。そんなコピーライターの技を(僕自身もコピーライター出身ですが)まとめた本も何冊か出ています。

今回からは、そのコピーライターの技をビジネスに活かすという視点で、それらの書籍も参考にしながら、解説をしていきたいと思います。

marketB01 詳細はこちら

仕事と介護の両立を支援する会社に支給される助成金

:ビジネス【助成金】


高齢者人口の増加とともに、介護が必要な方は増加しており、今後、団塊世代が70歳代に突入することに伴い、その傾向は続くことが見込まれます。

しかし、厚生労働省が平成25年に実施した調査では、介護休業を取得したことがある労働者は0.06%のみで、会社が「介護の問題を抱えている労働者の有無」を把握している割合が51.7%にとどまります。

そこで今回は、仕事と介護の両立を目指し、介護離職者が発生しないように社内制度を整備した会社に対して支給される助成金のご紹介です。

zyoseikin 詳細はこちら

外国人や障害者の雇用メリット

:ビジネス【人的資源】


日本の学校教育は古来、個性を伸ばすより組織として役に立つ人材を育てることを考えていました。

つまり、優秀な軍隊をつくるようなものです。ところが今や、新しいものを生み出す力が求められ、人材は多様な方がいいと言われています。

いわば、異文化の交流が重視され、それゆえにダイバーシティが大切なのです。

外国人はまさに異文化人材ですから、単に人手が足りないからではなく、そのメリットを活かしたいものです。

zintekiB02 詳細はこちら

「代休」と「振替休日」の違いをご存じですか?

:ビジネス【労働法】


「急な仕事が入っちゃって、申し訳ないけど、今度の日曜日に出勤してもらえるかな?」

「い、いいですけど…先週もでしたよね?」

「分かってる、分かってる、月曜日に代休取っていいから」

という会話が当たり前になっている会社もありそうです。

これって代休? それとも振替休日?

代休と振替休日は取り扱いが異なります。給料計算も変わってくるのです。

詳細はこちら