NEWS RELEASE
札幌の税理士事務所からのお知らせ
2016.09.28
ビジネスメルマガ 9/21号

知っておきたい源泉所得税の基本

:ビジネス【税務・会計】


日本にはさまざまな税金があります。

なかでも、お給料をもらえるような立場になったとき、まず身近に実感するのは、源泉所得税ではないでしょうか。

源泉所得税は、個人に代わって会社が、対象となる所得税及び復興特別所得税を給与から差し引いて税務署に納めるものです。

個人の所得税とは違い、会社側が外注の個人事業主も含めて従業員全員分の源泉徴収をして集めたすべての税金になります。

詳細はこちら

コピーライターの技を、日々のビジネスに活かす。「1行の力」について。その4

:ビジネス【マーケティング】


広告のキャッチフレーズというものは、What to sayとHow to sayからできている、とよく言います。

What to sayとは「何を言うべきか」=「メッセージの内容」です。例えば、レストランのキャッチフレーズであれば、メッセージの内容は、「味がいい」「素材が特別だ」「料理人の腕がすごい」「安くてお得だ」「ボリュームなら自信がある」「お店の雰囲気がいい」「来ているお客さんがお洒落だ」などと、さまざまな角度から考えることができます。

そのお店がどこで勝負すれば他のお店との競争に勝って、お客さんが増えそうなのかを吟味して、このWhat to sayを決めていきます。

marketing 詳細はこちら

雇止めなど、有期労働契約のトラブルを防ぐには?

:ビジネス【人的資源】


インターネットやスマートフォンは、人々の生活はもちろん、働き方にも多大な変化をもたらしました。

ステレオタイプな会社人間は減っています。

正社員でない働き方を選ぶ人も増えています。

zintekiB02 詳細はこちら

賃金テーブルの底上げを行うことで支給される助成金

:ビジネス【助成金】


10月から最低賃金が改定され、全都道府県の最低賃金が公表されています。

最低賃金ギリギリで雇用している会社も多くあるかと思いますが、国の、労働者賃上げの方向性は続いていくのではないかと推測されます。

そこで今回は、賃金テーブルを改定し、賃金の底上げを行う会社に対して支給される助成金をご紹介します。

※賃金テーブル=基本給を算出する際の基礎となる単価(時給、日給または月給)を金額ごとに整理した一覧表

marketB01 詳細はこちら

従業員の過剰労働が企業リスクにつながることを理解しましょう

:ビジネス【労働法】


労働基準法では労働時間の限度を、原則として1週40時間以内、かつ1日8時間以内としています(労働基準法第332条)。

これを超えて働いてもらうためには、時間外労働、法定休日にしてもらう休日労働については、一定の労使協定書を締結し、届け出ることになっています(労働基準法第36条)。

いわゆる「36(サブロク)協定」です。

詳細はこちら
Previous post
Next post